長射程に居座られたときどうするか

長射程に居座られたときどうするか

S+の大きな壁のひとつが長射程対策です。
せっかくS+に上がってこれができないとデスばかり増えて打開に参加できません。
エイムのしっかりしたチャージャーやスピナーなどの長射程に有利ポジションを取られ動けなくなり負けてしまうことがあるのではないでしょうか。
たしかに長射程にドォーーンと正面から見られてしまうとかなり大変です。

まず大切なのは長射程に正面を向かせないこと。

味方が出てくるところをチャージャーなどがずっと見ていたらどんどんキルされてしまいます。
そこで多角的に長射程を攻めるプロセスが不可欠です。
まっすぐ突っ込んでいって処理できるのは相手のエイムがない時だけだと思います。
S+常連の長射程はそういう甘い行動はしっかりお仕置きしてきます。

 

まず肝心な心構えですが、なるべくサイドから邪魔をして長射程に横を向いてもらいます

円形のマップの中央に居座られた場合は、最短距離で近づくのを避け、横や後ろ側からも近づくことを意識するとチャージャーなどの注意が一点に集中するのを防ぐことになるのです。
わたしは「チャージャーには首を振らせる」という言葉を使っているのですが、チャージャーなどは横の視点移動が多いほうが命中精度は下がります。横に振り向く角度が大きくなればなるほど難しいドラッグショット(急に振り向いて当てること)をしなくてはならなくなります。これはどの武器にも言えることです。

最初に言ったように正面を向かせてしまうと、横に振る角度が狭いのでエイムが安定して楽に撃てるようになります。逆に横振りの角度が増えれば増えるほど死角も増え精度が落ち、味方が突破する隙が生まれます
無理にチャージャーやスピナーを倒しに行く必要はないと思います。当然ながら他の敵も長射程の周りにいるのです。それよりもまずは長射程の気を引き一点を見つめさせないのがポイント。

タチウオなどの高いところから下を狙ってくる場合、チャージャーも弱点があり、それは崖っぷちまで出てこないと下を狙えないことです。際(きわ)を狙ってボムやメインで嫌がらせするだけでも違います。抜かれないように嫌がらせをまずしてみるとかなり違います。長射程はチーム全体で処理する意識が本当に大事です。