横エイムを合わせるには 動画あり

NO IMAGE

*横エイム=横方向に動いていく敵にインクを当てるとします。
*慣性で弾がズレるのが分かってる人は読まなくても大丈夫です

 

横に動いていく敵を目で追えているのに、なかなか当てられない人はけっこういるのではないでしょうか。
エイムを安定させるにはインクの弾がどう進むのかちゃんと知っておかなくてはいけません。

では、次の動画をご覧ください。

 

動画のスローでもわかるとおり、照準のマークが出ているのに的に当たっていません。
これは「インクが飛んでから敵に当たるまで少し時間がかかるためで、このように敵が速く動くと追いつかずズレてしまいます。
ちゃんと敵を追えてるのに当たらないという現象がおきるのはこのためです。
インクの飛ぶ速度は武器によっても違い、距離が遠ければ遠いほどズレも大きくなります。
止まっているバルーンを撃つ練習に慣れている人ほど動いている敵の真ん中を狙ってしまうことがあります。
この場合、距離が遠いと後ろ側に弾がズレていきます。

そうなのです。この真ん中に当てる経験が悪影響して、
「なんでインク当たらないの?!」
ってなるかもしれません。

動画をもう一度見てもらうとわかると思いますが、特に後ろ側からエイムを合わそうとするとズレやすくなりがちです。大切な要素をまとめると以下の通りです。

「動いている速い敵に当てるには狙いを先のほうにすること」
「弾速の遅い武器は相手の動く場所を予測して前方にエイムを置いておくこと」

追いエイムだと特にズレやすいので、的を追い越してさらに前にエイムを合わせると当てやすくなります。
また動いている敵も直線にずっと動くわけではないので、動きを予測することも重要です。

塗りやボムなどで動きを制限したり、動きを予測しやすくするとさらに有利になっていきます。
読みもエイムにかなりいきてくるわけです。
対面勝負のときにこういう読みあいはシューティングゲームの醍醐味ですよね。
ある程度の1対1能力がガチでは必須になります。かけひきに勝てるとやっぱり楽しい!
わたしも経験と連取を積んでもっと腕を磨きたいものです。