覚えておくべき時間 → 使い方と応用

NO IMAGE

(04/11/’18更新)

バトルをするときは色んな時間が関係してきます。
全員に共通の時間もあるし、それぞれ違う時間がるので覚えておくと試合を有利に進めれたりします。

大前提ですが、ガチマッチは5分、ナワバリは3分の時間制限があります。
これを踏まえた上で説明してみますね。

覚えておくといい時間は次の通り。

1. 自分の武器とギアで塗り始めてからスペシャルが溜まるまでの時間

2. デスしてから前線に復帰するまでの時間

これをだいたいでいいので覚えておくといいと思うんです。

最初に1.の説明です。
わたしのメインN-ZAP85と良く使うギア構成の場合、スペシャルをためるのに約10秒かかります。
自分の武器で最速でスペシャルをためる練習を時間を測ってやってみるのがすごく役に立つのでおすすめ。
その時どれだけの面積を塗ればスペシャルたまるかを覚えておくと立ち回りにもいい影響があります。
「あそこの塗っていないところでちょうどスペシャルたまるな・・・」とかの作戦も立つわけです。
2.との合わせ技もあるので次の2の説明に行きます。

 


ちなみに私の武器とギア構成の場合、これくらいの面積でちょうどスペシャルがたまります。スぺ増がん積みより少し減らして人速積んだほうがたまるのが速かったりするので、時間と面積をしっかり測ってみると意外な発見も多々あるものです。

 

2. の「前線」に復帰するまでの時間、というところがポイントです。
単純にレスポーン地点で復活するまでの時間ではなくて、そこから前線だいたいマップの中央が多いに来てもらわないと一緒に戦うことができません。つまり戦力として計算できるようになるまでの時間のことです。

デスすると(復活短縮なしで復帰時間ペナルティーを相手からもらっていなければ8.4秒かかります。
ここからマップの中央に来るまでの時間を足します。(*マップによって違うので注意
だいたい5~10秒くらいです。平均で7.5とします。この合計時間はその人は戦闘に直接かかわらないことになります。要するに下の通り。

前線までの復帰時間の平均 8.4+7.5=約16秒


<話はそれるけど大事な話>
実は不用意に死んでしまうと、16秒戦えないことになります。
10デスすると160秒戦闘に参加できません。
試合が5分なので300秒ですから、試合の半分以上試合にかかわることができないのです。
データで見ると恐ろしい話ですw 
デスが多いと味方への負担が相当かかってしまいます。無駄なデスはしないように心がけたいです



話が少しそれたので本題に戻ります。

例えばですが、自分だけ前線で生き残ったとします。(*敵も全滅)
わたしの場合、塗ってスペシャルをためると味方の復帰時間と敵の復帰時間にだいたい合ってきます。最初の味方が来たところでインクアーマーを使うと味方を守りつつ、前線を維持しやすくなるわけです。

他の例です。敵と味方それぞれ3落ちして、敵のスシと1対1で残されます。
実力が同じくらいでなかなか勝負がつきません。
敵陣側で戦っている場合、10秒前後で次の敵がやってきます。味方は合流まで16秒以上かかります。
勝てそうならいいですが、倒すのに10秒以上かかりそうなら引くという判断ができるわけです。
「そろそろ他の敵来るなぁ・・ 敵にも粘られてるし無理しないでおくか」
って感じです。
少し時間があればスペシャルたまるので、引いてアーマー使って味方と前線上げようとかが妥当かと思います。
アーマーは発動のスキが大きいのも考慮。交戦中では使いずらいのです。

 


チャクチは上から落ちる時は無敵状態になり、飛び上がるのも早いので倒しにくいスペシャルです。1の無敵スぺと同じように緊急回避の手段としても大変有効。しかも足元が一気に塗れるので使った後も動きやすく、*クイボもすぐ2発投げられます。  
敵陣で使うにはうってつけのスペシャルですね。
*現在は修正によってサブ効率がん積みじゃないと2発なげられなくなっている(04/11/’18)
*現在はS+ベテランクラスはチャクチを上空で狩るのに慣れてきています。不用意に出すと待っているので狙われます。(04/11/’18)

 

では、武器がザップでなくてスシならどうでしょうか。
スシなら12秒ほど塗り続ければでチャクチがたまります。もしチャクチが使えれば敵に迫られていても粘れますし、うまくいけば反撃して連続キルも狙えます。

もうちょっと前線で暴れようかなとかも考えることができるわけです。

スペシャルメーターを確認しながらが当然いいのですが、体感で感覚を覚えていると確認する余裕がないときでもなんとなくわかります。
何も計算しないと目に映った敵と延々と戦い続けることになりがちですが、
こういうメドが立てば全体戦略になりやすいです。