防衛から打開(動画あり)

防衛から打開(動画あり)

打開のときのわたしなりのポイントや作戦の立て方、状況をどう把握していくかを実戦の動画と一緒に説明していきたいと思います。参考になればうれしいです。

まず動画をごらんください。フジツボのヤグラのガチマッチです。
スーパープレイなんか期待しないでねw

わたしが急に降ってきたカーリングで大爆死するところから始まります。(´;ω;`)カナシイネェーーー

 

ご視聴ありがとうございました<(_ _)>
一応押されて防衛からの打開には成功しました。

では、試合中どういうことを考えて実行していたのか説明していきたいと思います。

さっそく冒頭から。


壮絶な爆死のあと、私を倒した敵が自陣側のチャージャーを倒した事を知ります。
マップから敵が中央付近に厚くヤグラを押してきそうなのもわかりました。
まず取るべき進路ですが、正面と右と左の3パターンあります。
ではなぜ左を選んだかというといくつか理由があります。

まずは、正面の下段にはチャージャーを倒した敵が潜んでいる可能性があるという事。
そして中央部分からアメフラシが来ていることと、敵がヤグラを押してきていて既にマップ右側も塗られていること。以上のことから正面と右は相当苦しいことがわかります。しかも復帰しているのは私だけ。前線もおそらく孤立か人数不利(この辺は塗りとかで予想)で、素直に出ると敵に囲まれる可能性が高いです。
よって、まずは足場を作れる&最終防衛ラインになる左を選択しました。
この時我々は30カウント既に取ってリードしていて、最終関門前で止めればよかったというのもあります。
より安全に確実に止めに行ったわけです。

で、左に向かったとき、先に出てヤグラ方向に向かっていた味方洗濯機がやられます。
進んで行くと左にいた味方がリスジャンしていました。おそらく正面防衛に行ったのだろうと予想。
すぐにマップで確認したところ、味方が2人正面から止めに行ってくれています。
こうなると左を抑えていれば、ヤグラを2方向から防衛攻撃できますし、先に敵にここを取られたらおしまいと思っていました。敵陣自陣ともにこのスペースけっこう大事です。
確実に30カウント手前で止めることに決めました。
ここで作戦が決まりましたので、さっそく準備にかかります。

味方がリスジャンしてた時に敵の姿が見えなかったので、おそらく敵はいないと判断。
まず広場をしっかりと確保し、足場を固めます(スペシャルをためる意味もあります)
そして塗りながら出てきてほしくない中央の高台からの入り口にボムを投げて、万が一敵がいても出てこれないようにします。裏取りルートの左の下段と上を念のためさくっとクリアリング。
こういうのをしておくと後半勝負は強いです。敵は来にくくなりますし、こっちに来る敵は一回塗りをするので音でわかります。

右からブラスターの音が聞こえたので、振り返ると自陣の味方がやられ敵のブラスターの弾が見えました。ヤグラが迫っていて誰か乗っているのを確認。
倒しに行きます。
(ヤグラ上に潜伏して敵が見えない場合、高確率で敵陣側にいます。柱を壁にして私たちのリスポーンから来る相手を警戒するためです。まず敵陣側に撃ち込むと当たりやすいです)

倒した後、まだ敵がいそうなので敵が下りてきてもいいようにボムを投げてから一回引いています。
案の定自陣側高台に敵がいました。
一応こっち来るなという意味で威嚇射撃してから正面のヤグラを止めに行きました。
(この時味方がやられているのを見逃すw)
やぐら上の敵は見えませんが、インクが塗られていてでカウントが進んでいたので迷わず左側を射撃!
倒せました。
ヤグラに乗ろうとしたところブラスターの音と同時に上から撃たれました Σ(・ω・ノ)ノ!
お慌てで退却w
敵がヤグラに降りてこれないようにキューバンを壁に貼り付けて逃げます。
(横の壁にキューバンを張り付けると敵は見にくく、動いてるヤグラの上では壁のキューバンは避けずらいです。
おすすめ)

キューバンを置いて逃げるだけで敵は追撃しにくくなります。

なんとか逃げ切る。ここで置いてきたキューバンで一人倒せました。
敵の攻撃もはげしくいったん右の壁に退避。味方が自分の左に合流しているのも確認。
このとき左スペースの塗りをよくして置いたおかげで、敵のインクの跡でどこにいるか確認できました。
おそらく味方も合流しやすかったと思います。
壁のすぐ向こう側にいるので、置きエイム気味に出てきたところを倒しにいきます。

*ブラスターが真っすぐ左に出てくるのがわかっていたのでエイムを置いてます

うまく倒せました。味方もヤグラの敵を倒しています。
残り一人の敵ボールドが確認できなかったので、すぐにインクアーマーを発動。
上から降りてこっちを倒しにこれないよう、すぐに上にキューバンを投げます。
左の壁に隠れて上方向を確認。敵がいないようなので打開成功です。
(試合にもちゃんと勝利できました)
これ読んだ後にもう一度見てみると立ち回りもよくわかるかと思います。

そして後半味方がデスしたのを見逃したのもよくわかります・・・( TДT)ゴメンヨー

いろいろ立ち回りはあると思いますが、今回はこんな感じ。
防衛になると、例えカウントリードしていても焦って最短距離で飛び出してデスを重ねていくのが一番悪いパターンです。けっこうアルアルだと思うんです。
とにかくカウントを気にするより防衛しやすいところしっかりで止めるというのが大事です。
本当はカウント少な目で止めれたらいいのですが、こういう精神に余裕を持った状態で臨むのがいろいろ効くと思うんです。周りもよく見れますし。
打開の時はとにかく丁寧にひとつひとつクリアしていかないとズルズルと押されていきます。
ミスを少なくして、味方と一緒にしっかり止める。心の余裕だいじ。うんうん(´-ω-`)