スプラッシュボムの基本テクニック 

スプラッシュボムの基本テクニック 

今回はスプラッシュボムの基本技。
*初心者向けです。ボムころでキル速度を補助することがわかる人は読まなくても大丈夫。

スプラトゥーン1のとき黒ザップのサブはスプラッシュボムだったので、キルを取るためにスプラッシュボムがかなり役に立ちました。
爆発までの時間が調整できるので、うまく使えばかなり敵を倒しやすくなります。
しかし最大70%(*ギアで減らせる)も消費するので、甘い使い方をすると自分で自分の行動を制限してしまうことになります。敵を見つけたら適当にポイ!ではボムが泣いてしまします・・・・

まずは基本中の基本「置きボム」から

 

迫ってくる敵を下がりながらボムで攻撃する技です。
下方向を向いてからボムを投げると置くように使うことができます。
来るのが分かっている敵の動きを読んで使うのが効果的。特に壁や高台に上がってくる敵はこっちの動きが見えずらいので置きボムが刺さりやすい傾向があります。
長射程のスプラチャージャーはヘイトを稼ぎやすいので、敵が最速で近寄ろうとすることが多いです。
動きが読みやすいので置きボムを仕掛けやすいパターンですね。

続いては通称「ボムころ」
手前に転がすように使い、敵を前に出さないようにする技です。

やや下方向を向いてボムを投げると転がすように投げ、上方向に投げるよりも早く起爆します。
下を向く角度で飛び出す距離が調整できるので、いろいろ試してみてください。
ボムを投げる回転率がいいので、前に出てきてほしくない敵など射程はこれで防ぎます。
前方向に敵が出にくいので、転がしたスキに違う行動を取る事が出来ます。

また、爆風ダメージ小(30ダメージ)が入りやすいので、メインの威力を補うように使うとキル速度を上げることができます
ボムでうまく崩してメインで追撃するというのが特にワカバの場合は理想的です。
ボムを直接投げて180ダメージ狙うよりも、この30ダメージ狙いの使い方が相手の動きを制御しやすく次につながる動きがやりやすいです。
狙った距離、狙った場所に転がしたり置けるようになったら、一人前のスプラボム使いに近づいたと言えると思います。