モニターと反応の話 スプラトゥーンにゲーミングモニターは必要?

NO IMAGE

(*08/16/’18更新)

スプラトゥーンにゲーミングモニターって必要なのでしょうか?

結論から言いましょう。
あったほうがかなり有利です。反応しやすくなります。

なんでかって?
それではわかりやすいようにモニターやテレビの話を少ししますね。

 

昔はテレビでゲームをするのが一般的でした。
ところが最近のゲームガチ勢はほとんどがゲーム用のモニターを使っています。
理由がちゃんとあります。


ゲームガチ勢でよくある風景。わたしもだいたいこんな感じでゲームしてます

 

それは、テレビや普通のモニターはボタンを入力してから画面にそれが反映されるまで少し時間がかかるからです。
反応の悪いテレビやモニターだと分かりやすいくらい遅れて画面が反応します。

これを入力遅延」と言います。

普通に使っている分には気になりませんが、反応速度が命のゲームではこれが致命的なのです。
格闘ゲームやスプラトゥーンなどのシューティングゲームだと0.01秒反応できるかできないかで勝敗に大きく影響します。せっかく画面に反応しているのに、自分の動きが遅れて反映されるわけです。
このラグが本当にもったいないのです。





ある番組で某格闘プロゲーマーのかたが連続コンボを披露することになったのですが、スタッフが用意したモニターが普通のモニターだったため分かりやすいくらい入力遅延が起きていて明らかにやりずらそうでした。普段は何回もつづくコンボが数回でミスしていたのです。

本人がすぐ気づいて番組で入力遅延の講座をする羽目になったので、知らない出演者はかなり驚いていました。
「ほら、押してからちょっとして動くでしょ?」「ほんとだーー!」ってなっていました。
そりゃそうですよね。わたしもはじめてゲーミングモニターを使ったとき初めて今まで入力遅延があったことに気づきました。
そりゃ反応遅れるわけだと感心したものです。
ほとんどのゲーミングモニターはこの入力遅延がありません。

 

もう一つが応答速度です。

モニターには小さな点がものすごい数ついていて、この色が変わっていくことで動画を映し出しています。
この画像処理が速くなめらかでないと画面が荒れたり残像がでてしまいます
これではスピードの速いゲームでは敵の動きを目で追うことが難しくなります。
この動きの速い動画の描写のなめらかさを表したものが応答速度になります。
5ms以下が速いとされ、中には1msのものもあります。

 

もう一つはHz。ヘルツと読みます。

これは1秒間に何枚パラパラ漫画をめくって動画にしているかというスペック(能力)をあらわしたものと考えてもらえればいいです。
スプラトゥーン2には一秒間に60枚画像があります。60Hzのモニターはこの60枚を全部写せますということです。
PS4やswitchは全部60FPSなので(flame per second。一秒間に何枚画像があるかという意味)、家庭用は60Hzのモニターで十分なのです。

それ以上はオーバースペック(必要以上に能力を持っていて無駄になっていること)になってしまいます。
家庭用しかやらない人は60Hzより性能の良いのモニターを持っていても完全な宝の持ち腐れなのです。
もちろんPUBGなどもやりたい方は140Hz以上を買えばいいわけです。

 

では、どんなモニター買えばいいの?ってことになるので、
これくらいあればスプラトゥーンは問題なく快適にプレーできるというのを紹介します。

わたしがスプラ用に使っているのはこれ。
ゲーミング業界では知らない人はいない大手ブランドのASUSのゲーミングモニター。
価格も良心的で応答速度も最速の1ms。入力遅延も全くなく快適です。
おお、敵を目で追える!」って思った時の感動を今でも思い出します。

素早く動く映像でも残像やブレがほとんどなかったのです。
他にも1msをうたっているモニターがありますが、画像が荒れやすいオーバードライブが多いです。
画質は高性能テレビと比較するとそりゃ落ちますが、ゲームしたり動画見たりする分には十分きれいです。そもそも映画みるならテレビで見たほうがいいって話なので(笑)
24インチくらいがわたしは扱いやすくベストです。人間の視野の広さからもこの辺が一番やりやすいという人が多いですね。



同じ価格帯でもう一つ紹介するとしたらこれ。

応答速度が4ms(GtoG)と落ちるので値段も少しだけ安いです。
こちらもゲーム業界では超有名なBenQ。多くの大会やプロゲーマーにモニターを提供しているメーカーです。これも家庭用ゲーム用で使っている人が多いモニター。
ただ、これ4msだし、これより応答速度の良いBenQの60Hzのモニターは2万円以上します。悪くないけどエントリーモデルなら上の性能の1万5000円くらいで買えるASUSだよなってことになり私は上で紹介したASUSを使っています。

以前紹介していた製品がアップグレードしているので、こちらもなかなか良いスペックになっています。
応答速度は確かに落ちるものの、バランスはこちらも悪くなく価格を抑えたい人は狙ってもいいかもしれません。
ちらつきを抑えるフリッカーフリーに、目に強い刺激を与えるブルーライト軽減の上位機能ブルーライトplusが搭載されています。

 

今回紹介したのはエントリーモデルですが、スペック的にこれでスプラトゥーンは問題なく快適にプレーできるでしょう。
何度も言いますが、これ以上のスペックは家庭用ゲームで使うならオーバースペックです。

もっと機能のいいモニターが欲しい人は2万5000円くらいあれば同じ60Hzかそれより少しよいHzの良いのが買えると思います。
そのほうがたしかに使い勝手は良いでしょう。
ただ、それなら他のPCゲームのことも考えて140Hz以上のモニターも視野に入ってくるのでかなり悩ましくなります。
自分のゲーム計画とかをよくよく練って購入しないと絶対後悔しますので、なんでもそうですが、エントリー以上のモデルに手を出す時は気をつけましょうね(実体験)

ちなみにさらに使い勝手の良い家庭用ゲーム機向けのスペックが上のモニターは別の記事で紹介しています。
画質や操作性などが向上している上位モデルになります。

こちらからどうぞ
スプラトゥーン用のハイスペックモニター その①高性能の家庭用ゲーム機用多機能モニター

 






追伸
レグザは昔からゲーム用としても力を入れていて、通称ゲーミングテレビと呼ばれ一部のユーザーから支持をされていました。
ゲームモード搭載のレグザならスプラトゥーンもそれなりにできると思います。レグザのゲームモードは性能が良いのでぜひ切り替えてみましょう。

わたしのレグザ持ってる友人にゲームモードあるよって教えたら、
「おお、全然違う!半年無駄にした(笑)」と言っていました。レグザ持ってる人はチェックしてみましょう。