傘をやっつけろ!ザップの傘対策&今の筆者のザップギア構成

傘をやっつけろ!ザップの傘対策&今の筆者のザップギア構成

シューターのみなさんの天敵といえば傘ことパラシューター。圧倒的な防御力をゴリゴリ押してきてシューターのメイン武器をほぼ無効化してしまう困った武器です。みなさんもヘイトが相当たまっているのではないでしょうか?対策をきっちりやってギャフンと言わせてやりましょう!


まずは傘の能力を見ていきましょう。

メインのショットガンのような武器ですが、これ実はスシやザップと比べるとシューズ一個分ですが最大有効射程(最大ダメージが出る射程)が短いです。これが少しでも遠いと3確か4確になってしまいます。
ですが、この間合いを傘を張ってつめてくるのが傘の強み。
傘の耐久値はおよそ300で、実は武器によって耐えられる値が変化します。シューターの場合だいたい300程度になり、キューバン2発投げれば傘は壊れます。
スフィアも同じ戦法で破壊できますが、あちらはゆっくり転がってくる大きな球を減速させてノックバックが入り壊せるのに対し、傘はすばやく閉じて反撃してくることも多く、しかも人速度が速いためにけっこう動き回ります。下がってインク回復すると耐久も回復するので、実際2発投げて当てるのはかなり難しいです。しかもこちらのインク消費もすごいのでその後の撃ち合いも大変。なのでキューバン2発当ては正直実戦向きではないです。
ちなみにボムの裏当てをすると一撃で倒すことができます。これはシールドと同じですね。

では、どういう対策が効果的か。
実はキューバンの投げ方にコツがあります。順序良く説明していきます。一番手前のバルーンを傘と仮定しています。

まず撃ち合いしやすい距離はこんな感じです。傘の最大有効射程が2.23ライン、ザップが2.25ラインです。
この距離の出入りでお互い撃ち合いをしていきますが、傘は強引につめてくることが多いので、3ラインくらいで牽制しながらが対面はやりやすいです。これ実は他にも理由があって、傘はインク効率がザップと比べるとかなりシビアです。機動力もこっちが上なので、塗りあいをしながら動き回ると向こうはインクや行動範囲がきつくなっていきます。間に適度に牽制撃ちをするとそれなりに有利に立ち回れます。

で、ここからが本題!
傘にも天敵がいて、それはブラスターです。特に傘より距離のあるブラスターにめっぽう弱く、ラピ系やロングブラスターを大変苦手にしています。
勘のいい方ならわかったかもしれませんが、キューバンをこう使います。

傘の弱点は横方向なんです。
画面真ん中にキューバンが置いてあるのがわかるでしょうか?右手のバルーンが仮想傘です。こうすることで、傘は後ろ以外に選択肢がなくなります。周りの障害物などを利用して横でうまく挟むように置くと効果ばつぐんです。やや手前の斜め前に置くのもありです。

前に出てこれないようにメインで前に置きエイムしておくと前には絶対出てこれません。傘がこの位置で止まったり前に進むとボムの爆風でキルがとれます。後は下がるしかないので、同じことをしてどんどん傘を下げていってインクがきつくなったところを仕留めるのがザップの傘対策ではいまのところ一番安全で強いです。傘の強みである強引に前につめることがやりにくくなるので、相手は下がってアメフラシくらいですが、ザップはインクアーマーで耐えられます。
ボムを前線で多投しやすいようにサブ効率を多く積んでいるとこういう立ち回りは可能です。私の場合、どのギア構成でも常にサブ効率1.3(メイン1、サブメイン3つの意味)積んでいます。ザップはキューバンの使い方が生命線。ジャブみたいな使い方をすると本当に相手を崩せます。
一応良いことばっかり言っていますが、傘に距離をつめられたら本当に終わりです。常に距離を取りましょう。インクもお互いギリギリの攻防になります。読みあいしながら機動力と塗りでここからかく乱しないと有利状況は作れません。ここまで作ってやっと勝負ができます。倒す環境はできるので、後は腕の見せ所ですね。
強引な力勝負になると傘がガン有利。徹底的に動きまくってスピード勝負するのが相手はやりにくいです。

ちなみに今の筆者のギア構成はこんな感じ。

ワークキャップとボーダーピンクの組み合わせがかわいくて筆者はそうとう気に入っています。ベリベリホワイトもいい感じ♪ 実は帽子かぶるときだけ髪型をちょんまげスタイルにしています。この髪型だけ襟足があるので帽子が似合う気がする!わたしだけ??(笑)

現在は撃ち合いのキル環境になっているので、前線で立ち回れるようにギアをかなりいじりました。前のギア構成でも立ち回りは問題ないのですが、味方に後衛武器が2つ来て相手にスシ、ローラー、傘の武器などが何人かいると打開がそうとうしんどいので、前線をガンガン張れるように改良しています。
前の構成とそれぞれの立ち回り以下の2つの記事から見れます。環境に合わせてギアや立ち回りを変えるのは非常に重要です。
筆者のザップギア構成とおすすめの立ち回り
現環境の考察とザップギアの微調整

インクアーマーは前線に枚数がいると効果が高いスペシャルなのですが、後衛が2人来るとアーマーの打開がかなりきついんです。
今のこの構成のアーマーは味方を守るために使うことが多く、アメフラシやハイプレが来たときの対抗手段で味方を守ったりしています。いつでもサッと使えるようにスペシャル性能アップを多く積んでいます。
*アメフラシ対策はこちらからアメフラシ対策とインクアーマー
前線があがったとき撃ち合いしながら素早くアーマーを発動できるので、ここぞの押し込みでも一人で突っ込んで行った時でも使いやすいです。