ゲーミングモニーターとPCをきれいに有効活用! モニターアームやゲームデバイスの収納術を紹介

ゲーミングモニーターとPCをきれいに有効活用! モニターアームやゲームデバイスの収納術を紹介

(04/19/’18更新)

ゲーム用をたのしもうとするといろんなデバイスをそろえちゃいますよね。
配信機材そろえたり、録画機材に音響デバイスなどほしいものはたくさんありますから。

ゲーム機の本体はもちろん、
コントローラー、パソコン、モニター、キーボード、マウスにヘッドホン、キャプチャーボードなどなど・・・

そして置き場所に困るたくさんのデバイスコード類つくえがぐっちゃぐちゃになっていくのが普通です。

 

わたしもゲーム部屋を作り、つくえの上にゲーミングモニターなどを置いてスプラトゥーンをたのしんでいます。

ここにいろんな機材をつないでいたので、つくえの上がすごいことになってました。
いや、ほんとすごいかったんですよ。

そこでがんばって収納やりました!(わたしなりにですが)
そうでもないとごちゃごちゃして仕方かなかったのです。
この辺はガチゲーム勢共通の悩みらしいですね。

今回はわたしの収納の仕方を紹介したいと思います。
みなさんがすこしでも快適なゲーム部屋を作れたらうれしいです。

 

今のわたしの机はこんな感じ!

机の上はかなりすっきりなりました。(beforeを撮ってなかったのでわかりにくいかな・・・)
あるのはモニターにゲーミングPCとスピーカーとミックスアンプとかだけです。

モニターとPCはアームで宙に浮かせてあるので、机のスペースを効率よく使えます。

こんな感じで関節がたくさんあるので面白いように前後に動かせます。

資料などを広げたり、机を広く使いたいときは奥に。
ゲームするときは前に持ってきて集中してやってます。

 

ちなみに使ってるのはこれです。
バナー(画像)をクリックすると国内パソコンBTO大手のドスパラが運営する上海問屋の商品ページにいけます。
モニターアームとPCアームが2つ付いて6000円ほどと超お得なのですが、非常に頑丈で動きもスムーズです。
パソコンとモニターの重さでけっこう重たいはずなのですが、まったく心配いりませんでした。




モニターとアームの付け根は上下の角度に動かせるのでモニターの角度調整もやりたいようにできます。

以前は、
「もう少し角度調整とかできたら最高なんだけど・・・・」
ってかゆいところに手が届かなくてストレスがたまったりしたものです。
そういうのも自分の好きな位置や高さ、角度などに簡単に調節できます

机の広さが足らなくてもアームで浮かせられるので、スペースがあまりなくてもモニターを使いやすいです。



これに下のようなアタッチメントをつければノートPCも浮かせて使えるので狭い机でもうまく活用できます。


こっちはわたしのより高性能のガススプリングタイプ。
わたしの使っているアームは高さを変えるにはナットを緩めて調整しないといけないので時間がかかります。
一度調整して納得していればいいのですが、その場ですぐ調整したい人は多いでしょう。

それとは逆にこっちは高さをいつでも自由に変えられ、もっとスムーズに色々動かせます。

それぞれのモニターアームには負荷重量が決まっているので、自分のモニターの重量は事前に調べておきましょう。




写真にも写っていますが、机の後ろはメッシュタイプの突っ張り棒型パーテーションを付けています。
こうすることで色んなものをかけて空間スペースを有効活用できます。

突っ張り棒タイプのは部屋の好きな場所に収納用の壁がかんたんに作れてかなり自由度が高いのでおすすめです。

わたしが使ってるのはニトリの2WAYパーテーション。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8790657
似たようなものはネットにもたくさんあるので、使いやすいのを探してみるといいと思います。


これに100均で引っ掛けられるメッシュボックスやフックを探してきてデバイスなどを浮かせています。

ちなみに机の下はこんななってます。

ここにも奥にメッシュがあるので、こんな感じですべてのデバイスを空間を利用して浮かせてます。
空間に浮いてるので熱対策にもなります。熱が発生するものは机の上などに置いてると下に熱が溜まるんですよね。


ちなみにここにあるデバイスの一覧です。

キャプチャーボード
LPCMデコーダー(サラウンドサウンド用)
サラウンドヘッドホンコネクター
switch本体
(*熱対策用にドッグから外に出していますやり方はこの記事へ。記事の後半に詳しく書いてます)
回線を安定させよう!スプラトゥーンのネット対戦を安定させる対策

switch本体を冷却する用静音ファン
switchドッグ
スイッチングハブ


これだけたくさんありますが、全部机の下に隠しているので邪魔にならずにすみます。
いっぱいあるコードも机下に潜らない限り目に触れずにすみます。

これを全部机の上に出したらどうなるかわかるでしょ(笑)
がんばったらまだまだやれると思いますが、やりだしたら時間がかかりそうなので早めに紹介して少しでもお役に立てればと。

わたしの使っているデバイスはこちら

サウンドデバイスはこちらから→音で勝つ! その④簡単にできる音質改善からガチ装備まで

ヘッドホン&イヤホンはこちら→音で勝つ! その②スプラトゥーンにおすすめのイヤホン、ヘッドホン(ヘッドセット)2017年10月25日 音で勝つ! その①サウンドプレ

サラウンドサウンドデバイス(スプラトゥーンの音が実際に周りから聴こえるようにするためのデバイス)はこちらから
音で勝つ! その④簡単にできる音質改善からガチ装備まで

デバイスが増えると収納と配線処理がほんとうに大変。
モニターの使い勝手もよくなって一挙三徳のような気分です。
特に、PCを勉強で使う学生さんや、PC仕事を家でもやる社会人ゲーマーにはすごくいいんじゃないでしょうか。

参考になればうれしいです。