PUBG Fortnite 初心者は最初にどんなマウス使ったらいいか

NO IMAGE

PCゲームでシューティングゲームしようと思ったらマウスは本当に欠かせないデバイスになります。
マウスとの相性や使い方でエイムが違ってくるので、マウス選びはかなり重要です。

 

今回はエントリーモデルをいくつか紹介しているので、よくわからない人や初心者の人はマウス選びの参考にしてみてください。
買いやすい値段帯のを選んでレビューしているので、高いモデル買って失敗する前に手に取りやすいモデルで試してみるのも良いでしょう。

 

わたしもたくさんゲームデバイスを買ってきましたが、やはり使ってみないと自分に合ったデバイスというのはわからないものです。
形や持ち方、質感などでかなり好みが分かれてくるからです。

いろいろ経験していると、そこからの慣れや経験値はその後のデバイス選びにもきっと役に立ちます。

そしてゲーミングデバイスは高価なものが多いのです。
選ぶのに失敗するとダメージがお財布と精神を直撃しますw
そういうわけで、最初はミスしてもダメージの少ない実用的なものから入るのをわたしはすすめています。



まずはアマゾンなどでゲーミングマウスでいつもトップセールスのこれ。
ゲーミングマウスで検索するとかなりヒットするので目にしたことがある人も多いと思います。
PUBGやFortniteに向いているかどうかでレビューしていきます。

お値段控えめでボタンも多くてすごい人気商品です。
ホイールや左右クリックを含めてボタンが9個あります。
値段がやすくて最初に選びやすいですね。
そしてPCゲームはじめたばかりの人だとキーボード入力に不慣れなのを、マウスボタンに割り振ることで操作を補う効果があります。

 

確かにボタンが多くてとても入力しやすいです。
PCゲーム初心者がキーボードに慣れるまでは便利でしょう。
右手でかなりの操作ができます。

ただ、マウスカーソルの精度の荒さに不満がかなり出ました。
細かいエイムがなかなか合いません。

マウス感度を低いと高いのなど色々試しましたが、やはりカーソルが速い動きについていけていません。
急にマウスで振り向きしてもカーソルがピタっと止まってくれませんでした。

けっこうブレます。

少しでもマウスがマウスパッドから浮くと操作が不安定になるのもマイナスです。
MMO(LOLのようなゲーム)にはいいかもしれませんが、細かいエイム命のシューティングゲームには向いていないのではないかという結論にいたりました。


一方で普段使いにはなかなかおすすめです。
左右対称なので利き手を選ばないのもいいですね。

複数キー入力のコマンドをボタンに割り振れたりもするので、PC作業量の多い人はかなり助かるでしょう。

 

 

続いては某プロゲーマーが使用してPUBGマウスとして一気に流行ったsteelseriesから。

Rivalシリーズのエントリーモデルになります。
RIVAL95はRIVAL100のライトを光らなくした安価版です。95は色も一色だけ。
そのほかの性能は一緒。
最初で試すなら95でいいのかなと思います。まだまだ上位マウスもたくさんありますからね。

形は右利き専用になっていて左右非対称です。
マウスボタンはホイール、左右のクリックを含めて6つです。

 

重さもそんなに重くなく、動きもスムーズです。
右利き用に形もカスタマイズしてあるので右手にフィットしてどんな持ち方しても使えました
かぶせ持ち、つまみ持ち、つかみ持ち全部いけるのは持ち手を選ばないので大きなメリットでしょう。
先ほどのG300sで不満だったカーソルがブレるという不満もありませんでした。

 

触ってみた質感ですが、全体的にサラサラしていて手にピタっとくっつくという感じではありません。
触った感じもやや硬めという印象があります。
サイドの部分も凹凸をつけてすべりにくいようにはしていますが、それでも手にひっつくようなタイプのマウスではないでしょう。
軽めにマウスを動かしたり、あまりしっかりつかまない人に向いていると思います。



マウスホイールはなかなか固めでカリカリはっきり音がするぐらいです。
ホイールが回りすぎては誤入力も多いのですが、これならミスも少なくてすみます。
マウスクリックもやや重めでやはり誤入力を防ぐというようなコンセプトを感じます。
総じて初心者には良いと思いますよ。

ただし、硬めが苦手いという人もいるとは思いますので、この辺も好みがでます。

はじめてで何使ったらいいんだろう、どんな持ち方したらいいんだろうって人はRival95で色々試してみるのはありだと思います。

 

 

不満があるとすればマウス感度の設定です。
steelseries Engine3 を使って感度やボタン割り振りなどを好みに調節できるのですが、
この感度が500DPIごとにしか調整できません

*steelEngine3 はこちらのリンクからダウンロードできます➔https://jp.steelseries.com/engine

2000だとさすがに高すぎるので、1000か1500の二択なのが現状なのかと思います。
初心者であまり感度が高すぎるとマウス動きすぎてエイム安定しないのではないでしょうか。
1200前後で調整する人も多いので、この辺がつらいところ。
ハイセンシ(高感度)好みだと2000でもいいという人もいるかもしれませんが・・・

あとはゲームソフトの中での感度調整でいじるしかないので、細かいところに手が届かないのが歯がゆいです。
まあエントリーモデルなので、その辺は我慢してもいいかなとは思います。
腕が上がって慣れてきて、それでも納得できないのならば上位モデルのRival300に移るのがいいでしょう。

 

 

続いては最初に紹介したロジクールの別のタイプのゲーミングマウスです。

何年も前に高速マウスとして発売されたゲーミングマウスです。
今では新型がたくさん出ているのでお値段もとってもお得になって手が出しやすくなっています。

旧型のマウスですが、反応や操作性にまったくそん色なく十分実用的です。
高速操作が可能なので、マウスカーソルがブレるということがなく快適でした。

 

個人的によかったなと思うのが、ボタン数の多さと配置の良さです。

左右のクリック、ホイールも合わせて全部で8ボタン

使いやすいのが親指が当たるところにある側面のボタンです。
ここにアイテムを拾う、ドアを開けるなどのキーを配置すると本当に操作がサクサク進んですごく快適です。

すぐ上に4つあり、先端の2つを人差し指で、手前の二つを親指で操作できます。
左側に全部寄せてあり、ちょっと指を動かすだけでほとんどのボタンがすぐ触れます。
頻度の高いキーはガンガンこっちに回せるので、キーボード操作がかなり楽。

 

ロジクールのサポートのホームページからロジクール製品すべてに対応しているソフトがダウンロードできます。
このソフトでボタン設定や感度設定などすべてできるようになっています。
リンクを貼りましたのこちらから飛べます➔http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/g402-hyperion-fury-fps-gaming-mouse/downloads

マウス感度は80ごとに細かく設定できますし、DPI切り替えを設定していると最大5パターン記憶できます。
試合中でもボタン操作だけで感度を変えることが可能。

 

質感ですが、手にかなりピッタリなじむようなやわらかくウェットな表面をしています。
汗をかいてもすべりにくいような設計だと重います。

ボタンやホイールなどはやや軽めです。
ホイールに関してはしっかりと止まるので問題はないでしょう。
本当にRival95とは真逆の感触ですね。

 

形は左右非対称の右利き用で、手の形に本当にピッタリはまります。
持った具合は本当によいのですが、この形と最初に説明した前目についているサブボタンを活かすためには持ち方が限定されてしまいます。
やはりかぶせ持ちが一番良いと思います。
手のひらをマウスにピッタリ合わせるように持つといいでしょう。

 

これよりも新しいモデルでG502というマウスがあります。


重さ調整ができたり、ボタン数がさらに増えて10個設定できます。ただしG402より重りなしでもそこそこ重いです。
もっとボタンほしいなという人はその後こっちに乗り換えるのもいいでしょう。