ゲーミングキーボードはPUBG,Fortniteに必須? メカニカルキーボードは超おすすめ(動画あり)

PCゲームをするならマウスと同じくらい大事なのがキーボードです。
わたしはゲーミングキーボードは正直必須じゃないかと思っています。

 

え?普通のキーボードでもできるじゃん!

 

って思ってる方、ちょっと待ってください!
それはプレイは一応できるけど、本当に思った通りプレーできてる?って思う部分が多いです。

 

ゲーミングキーボードが通常のキーボードと何が違うかと言うとだいたいは以下の通り

 

・入力速度が速い(キーを押してから反応が速い)

・キーの耐久が普通より高い

・同時に入力できるキーの数が多い

・疲れにくいデザインをしているものが多い

 

ゲーミングキーボードの入門編として使われることの多い大ベストセラーのロジクールのG213で見てみましょう。

上から見るとこんな感じです。

ゲームではスピードが激しいプレーも多いので、このように並んだキーを何度も何度も打つことになります。
マウスにも言えることですが、普通のキーボードは耐久性がそこまでないのでそのうちダメになってしまいます。

反応速度も要求されるので、ゲーミングキーボードはキーをパフォーマンス調整されたものが使用されています。
当然ながら全体のキーボード自体の耐久性も上げてあります。
普通のキーボードでやってて行動が遅れるという人、もしかしたらキーボードの反応速度が足りていないのかもしれません。

しかもこのG213の場合は耐水性まであるので、万が一のときも安心です。

 

同時にいくつもキーを押してプレーすることになりますが、G213の場合、同時に10キーまで押してそれぞれ認識してくれます。
普通のキーボードは3つがせいぜいです。
これではプレーの幅が狭くなってしまいます。

ちょっと横からキーボードを見てみましょう。

キーボードの手前にパームレスト(手のひらが置ける場所)があり、これが非常に快適で助かります。

手が休めやすいですし、よい角度がつくので打ち込みもしやすいです。

 

 

これはメンブレンと言って、キーが普通のキーボードと同じ仕組みでどちらかというとコスパ重視のものです。
これでもプレーは十分できるのでいいですが、もっと快適に使いたいという人のために上位互換も見てみましょう。

 

キーがメカニカルという仕組みを採用しているロジクールのG910rを見てみましょう。

メカニカルの仕組みはこんな感じです。

このようなシステムで押し込みから戻りまでを滑らかにアシストするようになっています。

何度も何度も繰り返し指を使うので、このアシストがあると本当に打ちやすくしかも高速入力しやすいのです。

 

こちらが上位互換のG910r

反応調整がしてあるので、下まで完全に押さなくてもほどよい場所でキーが反応してくれます。
反応速度も従来より25%アップさせて超高速キーボードに進化しています。

この辺の調整はメーカーにもよるのですが、あまり早い押し込み段階で反応すると誤作動も多いので、この辺はメーカーの腕の見せ所。
G910は抜群の調整をしていると思います。

メンブレンはどちらかというとキーの音がけっこうしますよね。
たまにキーボードをカタカタ鳴らしている人が良くいますが、あれがメンブレンの典型的な音です。

G910はしっかり音がなる青軸タイプですが、音も控えめで夜でも入力音もあまり気になりません。
ある程度音が鳴ったほうがリズムをつかみやすいので、わたしはこのタイプのほうが好きです。
音はカチカチというスイッチオンに近い音がします。

気になる人のため動画を撮っておきました。参考にしてみてください。

 

どうでしょうか。普通のキーボードとは違うこの控えめだけど分かる音。
配信をする人などはキーの音が大きすぎる人もいたりしますが、このキーボードならうるさくならずおすすめです。

G910rを上から見るとこんな感じです。

通常のキーボードのサイド部分に追加でキーを配置してさらに使い勝手を良くしています。
上にもゲームによってカスタムしたものを反映しやすいように追加キーがたくさんあります。

PUBGの場合、敵に投げる武器は3種類、回復アイテムは6種類あります。
使いやすいキーがサイドにあるので、ここにキーを割り振ると細かい動作が簡単にできてとても便利です。

押し心地、キー配置などすべてがアップグレードされているので、もう少し快適に使いたいなという人にはぜひおすすめです。