マウスバンジーはすごい! ゲーミングマウス操作をより快適に、しかもより正確に

マウスバンジーはすごい! ゲーミングマウス操作をより快適に、しかもより正確に

マウス選びは本当に人それぞれで、形や性能など色んな好みがあります。

最近でこそ無線の優れたマウスが出てきたばかりですが、やはり有線のマウスを使ってゲームをしている人がほとんどだと思います。

有線のほうが選択肢も多いので選びやすいのですが、問題なのがその”有線”の部分のコードです。

 


下の写真を見てください。

マウスを手前に引く動作をしたときに、緩んでいたコードを引っ張るような動きになることが結構あります。
PUBGなどなら、撃った反動で銃が跳ね上がるのを抑える「リコイルコントロール」と呼ばれる動作で特に多くこの動作をすることになります。

上が最初の位置で、下が引いているときの写真です。

 

 

 

下の写真を見てもらうと、赤く丸をした場所があるのが分かると思います。

マウスを引くとケーブルを引っ張るように動作になっているので、テーブルの端とマウスコードに摩擦が出てこのままではマウス動作に支障が出てしまいます。

本人は同じスピードでマウスを引いているのに、実は摩擦のせいで一定の速度になりません。

しかも不意に素早く動かしたときに「グっ」と引っ張られるような感じになりなんとも気になる感触になってしまいます。

これでは正確なリコイルコントロールができません。



しかもこれ、マウスにも絶対よくありません。

あまりにも擦れたりケーブルを引っ張ってしまうと断線などの故障の原因にもなります。

シューティングゲームは素早い動作が求められるので、こういうのをいちいち気にしていたらゲームに集中できないですよね?

 

やっぱり無線にするしかないの?
好きな形やボタンのマウスあきらめないといけないの?

 

そんなことはないんです。

 

実はマウスバンジーというアイテムがあり、これが全てを解決してくれます。

 

 

これにマウスのケーブルを通して置いておくだけで、操作が格段に良くなり扱いやすくなります。

 

上から見るとこんな感じです。

 

 

 

このようにケーブルを通すと、少し高いところでケーブルを固定して下にたらしてくれます。
こうすることにより、ケーブルがこすれることがなくなります

 

しかも、突き出た部分はバネでできており、前後左右で限界まで動かしてもここが動いてくれることにより最後までなめらかにマウス操作ができます

このバネの部分は出したり引っ込めたりが自由なので、自分の好みの高さに変えることもできます。

マウスバンジー自体に適度な重さがあり、下の部分にはラバーがついていて机とのよく接触しているので抜群の安定感があります。

よほど力いっぱい激しく動かさないかぎりまず動きません。

 

 

動画も撮ったので参考に見てみてください。

 

これがあるだけで思いっきりマウスを動かせます。

特に広く大きくマウスを使うローセンシの人はあるとかなり違うのではないでしょうか。
今回は友人に勧められたバネ型のを試してみました。

色んな人に聞いたんですけど、みんなバネ型が良いって言っていたので、半信半疑で使ってみたら大当たりでした。
私の使っているのは Hotline gamesのマウスバンジーですが、BenQ ZOWIE CAMADEも同型です。

たぶんZOWOEのが元々のオリジナルで、Hotlineのが後発だと思います。
Hotlineのマウスバンジーは安くて人気なのですぐ売り切れてしまいますが、ZOWIEのほうが安定供給している感じはします。
この辺はやっぱり大手の強みですね。

 

もしマウス操作がイマイチ不安定な人がいたり、やっぱりケーブル邪魔だなと思っている人がいたら、ぜひ試してほしいです。

せっかく手に合うマウスが見つかったのに、ケーブルの問題でうまくいかないのは本当にもったいない。
リコイルコントロールもやりやすくなるのでエイムも安定するし、マウスも壊れにくくなるし良いことだらけです。

控えめに言って超おすすめですね。