PUBGおすすめの配信はこちら うまくなるためにプロの配信を見てみよう

PUBGおすすめの配信はこちら うまくなるためにプロの配信を見てみよう

どんなゲームにおいても上級者のプレーを見るのはとても大切です。

技術や情報がつまっていますから見るだけで勉強になるでしょう。
今の時代はプロなどから貴重なアドバイスをもらってさらに上達することも可能だったりします。

 

今回は「PUBGがうまくなるために」という点で見るとすごくためになる配信者の方々を紹介していきたいと思います。
うまい方々はたくさんいらっしゃいますが、今回はアドバイス等のやりとりなど双方向視点でピックアップしてみました。

 


 

初心者必見 野良の立ち回りならこの人
sumomoさん

 

配信はオープンレック。下のURLからサイト飛べます。
https://www.openrec.tv/user/sumomo_xqx

 

プロゲーミングチームDetonatioN Gaming所属のPUBGプレーヤーすももさん。

最近ではAbemaTVのPUBG番組でも活躍されていますね。

配信では初心者でもマネしやすい基本に忠実な堅実な立ち回りを意識してプレーされていて、武器もなんでも扱います。
(本人はスナイパーの立ち回りがどちらかというと苦手だそうです)
しかしあえて挙げるとするとベクターの使い手ということです。

中盤以降はSMGからARに切り替えたりする人が多い中、すももさんはARよりも優先して使うことが多く、火力を活かして終盤戦をもぎ取るシーンをよく見かけます。

コメントをガンガン拾いながら戦うので、試合中でもアドバイスを求めると余裕があるときは比較的応じてくれます。
デバイスや立ち回り、設定など色んな質問にも答えてくれることも多いです。
参考にしてデバイスをそろえた人は多いと思います。

なんで今の音が聞こえたんですか?
って聞かれると愛用のロジクールG933を熱く語ってくれるのが配信の定番になっていますね。(ちなみに色は白色を使われています。カッコいいからとのこと)

元々オーバーウォッチのゼニヤッタの使い手として知られていましたが、
今ではPUBGだけに収まらないオープンレックを代表する人気ゲームプレーヤーの一人です。

 

すももさんは序盤からガンガン攻めるというよりは、
車確保➔遠くで物資集め➔中盤以降ポジション取りを重視➔後半撃ち合い勝負のプレースタイルです。


パルスムーブをすることも多いです。※パルスムーブについてはこちらから➔物資を集めて後半勝負! 見極めが大事なパルスムーブ戦術

 

パラシュート降下先も激戦区よりはそこそこ物資の取れる場所で準備をばっちり揃えて中盤以降の撃ち合いに備えています。

試合でもだいたい最後の10人以内には入ってくるので、堅実で安定した勝率の高いプレーが持ち味だと思います。

 

「後半のすもも」とも呼ばれていて、終盤にスモークやグレネードをうまく利用して不利な状況からもドンカツすることが多いです。

そういうわけでキルも試合終盤に量産する傾向があります。
やはりゲームメイクや立ち回りのうまさが光りますね。

 

立ち回りやクリアリングなどとても丁寧なプレーをするので、ゲームの組み立てなど本当に参考にしてみてください。

序盤で崩れやすい方はとても多いでしょう。
そういう人は参考にすると野良での立ち回りの改善になるのではないでしょうか。

 


 

撃ち合いや勝負の駆け引きならこの人
CrazySamさん

 

配信サイトはtwitch。下のURLから飛べます。
https://www.twitch.tv/crazysam4

 

プロゲーミングチームSunSister所属のクレイジーサムさん。

驚異的なエイムを武器に恐ろしいキル数をたたき出す日本屈指のアタッカーです。

 

公式の日本大会PJSでも最多キル賞(モストキル賞)を通算4度受賞しています。
現時点で一番受賞しているプレイヤーです。(※2018/11/17現在)

 

アサルトライフル二丁持ちが多く、対面勝負をドンドン挑む非常に好戦的で積極的なスタイルが最大の魅力ですね

 

ソロではAKMとM416のセットなどをよく見かけます。
(逆にSRが苦手と公言されていて、たまに持っているとコメントがざわざわし始めます)

 

M416に4倍スコープ単発撃ちの中遠距離用、AKMは等倍スコープの接近用と使い分けていることが多いです。


状況に応じてサイトや銃を切り替えてうまく運用しているので、AR2丁持ちのケースは野良でも割とあるのためすごい参考になります。

 

 

 

現在*はセカンダリー(第二武器)にSKSなどのDMRなどを採用することも増えてきました。(※2018/12/05現在)

 

 

理由はスクアッド(4人制のマッチ)でARの高速タップ撃ちをあまり使う機会がないからとのこと。

チーム戦では近距離と中距離フルオートでお互いカバーしあい、遠距離は火力の高い武器でのスナイピング合戦になることが多いからでしょう。

 

クレイジーサムさん、通称クレサムさんは先ほども述べましたが大変アグレッシブです。

 

自分から局面を動かすタイプなので、試合中ずっと動き回って休むことがほとんどありません

どんな体勢からでも積極的にキルを狙ってくるので、見ていてスリリングな面白さがあります。

 

 

降下場所は激戦区が多く、自分の装備が薄くても敵を積極的に倒しに行きます。



物資なども敵を倒すことで揃っていくような感じです。

銃声がなると音の方向に倒しに走っていくので、試合中多くの撃ち合いを見ることができるでしょう。

 

このゲームでドンカツを取ろうと思ったらやはり撃ち合いは避けて通れません。

 

配信で撃ち合いのテクニックや驚異的なエイムなどを見る機会が多いので、とにかく撃ち合いなどを参考にしたい人は必見です

 

試合を見ていると「そんなところから狙ってるの?!」って思うことが良くあります。

倒すためのあくなき好奇心や探求心には頭が下がります。
音などもかなり聞いていて、状況判断からの索敵も大変速いです。

 

また、とてもポジティブな方でいつもニコニコされている印象です。(あまり顔出しされていいないので声だけの印象ですが)


回転の良い軽快なトークも魅力です。

 

試合中も視聴者とたくさんコミュニケーションを取ったり色んな話をガンガンしてくれます。

序盤からずっと動き回り、見どころも多くて本当にあきることない配信ですね。

 

 

手元カメラを配信で映してくれているので、マウス操作も見ることができます。
はじけるような素早いマウスさばきは必見です。

 

ちなみにマウスはSteelSeries Sensei310 マウスパッドはBenQ Zowie G-SRを使用されています。

最近はG-Pro wirelessも使われています。

 

 

音にも非常にこだわっていて、他の選手よりも早く敵の足音を聞きつけたりすることも非常に多いです。

 

外付けサウンドカードのGSX1000を愛用しており、影響を受けて使っている人もかなりいます。

PCとUSBでつなぐだけで手軽に高音質に変えられるため、オフラインで行われるプロの大会でもよく見かけるデバイスです。

接続したらWindowsのサウンド➔再生でGSX1000で右クリック➔プロパティ➔詳細 まで行きビットレートとHzを初期状態から上げましょう。
これを忘れると音質が上がりません。

 

最近はバーチャルサラウンドではなく2CHを選択するプロが多くいるそうです。
この辺は好みですね。

 

ヘッドセットはGSP600

イヤホンを使う場合はIE80Sを使われています。

 

やはり撃ち合いやエイムの質問などをされることが多く、その圧倒的な攻撃力にあこがれるファンは数知れず。

考え方や技術的なことを聞く機会もあると思うので気になる人は配信をのぞいてみましょう。

 


 

圧倒的な知識量とばつぐんの指導力
KHさん

 

配信はtwitch。下のリンクから飛べます。
https://www.twitch.tv/dtn_kh

 

プロゲーミングチームDeToNator所属のKHさん

KHさんは韓国の強豪チームDeToNator Korea の組織トップのジェネラルマネージャーをしていて運営とコーチングでチームをまとめています。

日本の人気チームDeToNatorの韓国支部がDeToNator Koreaです。(省略してDTN Krとなってたりします)

 

 

KHさんは韓国の方ですが大変流ちょうな日本語で主に日本向けに配信しています

育成でも韓国のトップ選手Gikenさんを育てたりすぐれた指導者としても定評があります。

 

今は主にチームで管理職をされていますが、現在でもプレーヤーとしてもかなりの実力者です。

タップ撃ちの名手でフルオートのないM16A4、SKSなどで敵をどんどん仕留めていく光景は圧巻。

 

配信では的確な指示で急に組んだチームでも勝利に導くことが多々あります。

 

世界でも指折りの厳しさで知られる韓国リーグで切磋琢磨しているためか、かなり細かいところまでつめてプレーしているんだなと思うことがよくあります。

チーム戦を配信することがあるのですが、その中で細かく的確な指示を出して作戦を組み立てているので非常にためになります。

 

しっかり理由付きで説明してくれることも多く、かなり勉強にもなるしプロの奥深さを知るいい機会でもあります。

特にチーム戦でのオーダーはとても正確で、色んなプロが参考にしています。

 

 

少しだけエピソードを紹介したいと思います。

 

ある日本の有名なプロ選手と組んで戦っていた時のことです。
家を確保し、乗ってきた車を撃たれないようにその選手が車庫に入れようとしていました。

「あ、ここは車庫に入れちゃダメです。向こうの建物の2階の窓からタイヤ撃たれます。出して壁につけてください。そこなら安全です。」
「え?!そうなんですか?!知りませんでした。」

こういうことが結構あったりするのです。

 

地形など細かいデータまで頭に入っているのでしょう。

あそことあそこは強いから移動しましょうみたいなことをどの地形でもどのタイミングでもすぐに出てきます。

最近の最先端の戦術や特殊なメタ戦術などを聞けたり、本当に情報量の多さにはびっくりします。

 

KHさんの指示は的確で速いです。

攻め時や引き時など判断こうやっているんだと思うことがたくさんあります。

 

ここまでさんざんすごいすごい言ってきましたが、実は配信自体はけっこう面白おかしくやってくれていて、
冗談などファンサービスなども多く決してお堅い配信ではありません
(むしろかなり笑う場面が多いですw)
シェフが作ったおいしいラーメンが伸びちゃうから全員で気合い入れて速攻ドンカツしたりなどなど。

 

初心者にもやさしくて親切に初歩的なアドバイスをくれたり、チームやゲームの近況報告をよくしてくれたりします。

普段なかなか知れない韓国強豪プロのゲーミングハウスの生活なども知れるのでかなり面白いです。

 


 

以上がPUBGがうまくなるためにという視点で選ばせてもらった配信者の方々です。

本当はまだまだたくさんいらっしゃいますが、今回は第一回ということで。

 

とにかく共通して言えるのは、みなさん高いプロ意識とファンサービス精神です。

全員が高い実力を備えているのですが、それをゲームコミュニティのために役立てようという姿勢が本当にすばらしいです。

 

もちろん人それぞれ貢献の仕方はあると思いますし、あまりにも超大手だとそもそもコメントを読み切らないなどあるでしょう。

今回はあくまでも双方向でやり取りしやすい貴重なアドバイスをもらえるなどのポイントなどを重視して選んでいます。


一応注意で書きますが、あまり乱暴に質問ばかりしてもいけません。
やはり人とのやりとりなので、マナーを守ってちゃんと挨拶したりしましょう。
また、試合中重要な場面ではゲームに集中したりするので、タイミングなどしっかり考えて自分勝手なコメントはしないよう気を付けてください。


 

もし気になる配信などがあれば気軽に足を運んでみるといいと思います。
また、アドバイスなどがもらえた、ためになったなどを感じたらには余裕があればcheer、
オープンレックならエールなどの投げ銭システムで応援すると良いかと思います。

月に一人100円支援するだけでも配信者側からするとかなり違ってきます。


支援で集まったお金を元に配信機材をアップグレードして、さらに配信が良くなっていくというのはよくある話なのです。
強制するわけではありませんが、楽しかった、ためになったと思ったら、こういうことをしていくとどちらにもいい影響があったりします。

 

海外では良いサービスにこういう支援を行うことでうまく循環させていくという文化がありますが、日本ではまだまだ始まったばかり。
もちろん余裕があればの話で、普通にありがとうございましたとコメントするだけでも全然違うと思います。



いつも応援しています。
すごいプレーでした。
配信楽しかったです。

 

こういうことをちゃんと伝えあうと基本的にみんな喜んでくれます。

こういうこともより良い配信や視聴者とのつながりにもなってきます。

一緒にコミュニティーを盛り上げてよいゲーム文化を作っていけたらいいと思います。